読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨って何? モナコイン ビットコイン情報

仮想コイン、主にbitcoinについて語るブログ

はたして中国以外の世界の重大発表でビットコインFX相場は動くのか?

ビットコインFX

 1024000円のポイントを持ち続け、ハラハラしていた毎日を送る日々の中、FXのほかの番組を見ながら、指標や世界の重大発表で激しく動くさまを見て、ふと思ったのはビットコインも中国ニュース以外で動くのでは?ということでした。

 

 そしてメイ首相のEU離脱の演説を見てビットコインを観察すると、発表後にヘロヘロと下がってきたのです。この時も売りポジションでしたので、ある程度の利益が出ていましたが切れません。「6万円まで近いうちに下がる!」日足で色々根拠のないラインを書いて放送で力説していました。あの時の自分を思い返すととても恥ずかしいです。

 

 そしてトランプ氏の大統領就任式が近づくにつれてテンションは上がり、盛り上がるゲームのBGMを流して無言配信をずっと流しました。「絶対下がる!メイ首相のときは下がった!トランプは過激なことを言うジョーカーだ!世界はドルを手放し、リスク回避でビットコインは上がる!ビットコインも世界相場とつながってるとリスナーさんが言っていた!」

・・・リスナーさんの反応は・・・

「がんばれ!応援するぞ!」

「証拠金たっぷり入れたか?w」

ビットコインFXってこんなに待つのか・・・」

「面白いの?w」

「全体の流れを見直せ!もうビットコイン上げの方向しかないんだよ。逆らっていいことないよ!」

 

 最後助言してくれたリスナーさんの言葉が残ったまま、いよいよ就任式が近づき、相場を血眼で見ていました。逃げる用意は出来ている。危険回避はばっちりだ!就任式が始まりふと思いました。「あれ?円高ドル安で危機回避でビットコインは上がる?あれ?俺売りポジションだよな?」血の気がサーっと引きました。就任式が始まった直後、少し上がり始めたのです。「あああ!」と声が出て長期のポジションを損切り。すぐさま証拠金を全額出金して現物を資金のほぼ全額購入。放心状態でした。しかし、少し上がったところでピタリと止まり、またもとの位置に戻りました。

 ふと我に返って思ったのです。いくらパソコンをつけっぱなしにして寝ていてもレバレッジをかけた長期の勝負で不測の事態に対応できるだろうか?・・・はっきり言って精神状態が不安定な私には無理です。だからもうストレスに耐え切れなくなって現物を購入したのだと思います。

 さて、ここで思いました。

 メイ首相のEU離脱宣言の時は、確かに動きました。「欧州の指標で動くのか?」その仮説の検証のために監察放送が始まるのです。